イメージ写真

広島湾で獲れた魚介類を提供している飲食店等を紹介します。

当サイトの飲食店等の情報は、各お店から提出されたものです。内容については、各お店にお問い合せください。

  • 牡蠣料理
  • 黒鯛料理
  • 地魚料理
  • 50音検索

今が旬の魚介類!

タチウオタチウオ

広島湾の秋の魚の代表はタチウオです。この時期、外洋から餌の小イワシを追って、湾奥まで入ってきます。そのため、夕方になると岸壁は、タチウオ釣りの人でいっぱいになります。刀のような細長い形から名づけられたとも、立って泳ぐことから名づけられたとも言われるタチウオですが、体表の銀白色の皮がきれいに残っているものが、鮮度の良いしるしです。刺身、塩焼き、ムニエルにと、広島湾の脂の乗ったタチウオは、まさに秋の味!!

アジアジ

誰もが簡単に釣れる魚として人気のあるアジですが、食べても大変美味しい魚です。大きなアジは、刺身、たたき、塩焼き、つみれにと食べ方も豊富で、味もバツグンですが、捨てがたいのが、小アジです。広島湾で「デンゴ」と呼ばれる小アジは、体長12~13cm程度。そのまま空揚げにして、酢醤油に漬けた南蛮漬けは、ご飯のおかずに、お酒のおつまみにぴったり。何尾でも食べられることから、ついつい食べ過ぎになってしまいます。

マコガレイマコガレイ

秋から冬にかけて釣り人に人気があるのがカレイ釣りです。数あるカレイの種類の中でも、広島湾では一般的なのがマコガレイです。刺身、煮付け、空揚げなどあらゆるジャンルの料理に合う魚です。刺身は薄作りが絶品で、フグの薄作りに引けをとりません。特に「えんがわ」と呼ばれるひれの身は、コリコリとして一番の味です。大皿のえんがわは、早いもの勝ちですよ!!ちなみに、有名な城下カレイもこのマコガレイです。

大カクマ島(広島市)から宮島(廿日市市)方面を望む

 
ページの先頭へ