イメージ写真

広島湾で獲れた魚介類を提供している飲食店等を紹介します。

当サイトの飲食店等の情報は、各お店から提出されたものです。内容については、各お店にお問い合せください。

  • 牡蠣料理
  • 黒鯛料理
  • 地魚料理
  • 50音検索

今が旬の魚介類!

小イワシ小イワシ

広島の「小イワシ」は、今や全国ブランドです。正しくは、カタクチイワシと言いますが、天ぷらに、塩焼きに、そして刺身にと、広島人にとっては欠かせないものです。特に、独特の竹のヘラで身をそぎ取った刺身は、「7回洗うと鯛の味」と言われ、生姜醤油で食べると、あなたもりっぱな広島人じゃけん! まあ、だまされたと思って1回食べてみんさい。

アナゴアナゴ

夏場は、アナゴやハモ、ウナギなど長い魚が美味しい季節ですが、ここ、広島ではなんと言ってもあなごです。寿司ネタで美味しいアナゴですが、広島では寿司、天ぷらのほか、アナゴ飯が有名です。ふんわりと蒲焼にされたアナゴが、ご飯の上に乗り、たれがほんのりご飯に染み込んだ様は、食欲をそそります。宮島やJR広島駅などでは、弁当としても賞味できます。お土産にもどうぞ。

タコタコ

7月2日は何の日?正解は、「タコの日」です。半夏生(夏至から数えて11日目で7月2日前後)に、昔から豊作を願って、タコを食べたことから決められたそうです。広島湾でも、この時期、タコがたくさん獲れ、味も良くなります。広島湾のタコは、噛めば噛むほど美味しさが広がります。刺身、酢ダコ、天ぷら、タコ飯にと、う~ん、地ダコはうまい!

キスキス

釣って楽しく、食べておいしい夏の魚です。地物が魚屋さんに並ぶのも初夏から夏にかけてですね。 正式には「シロギス」ですが、広島では「キスゴ」や、単に「キス」と呼ぶ人が多いです。 天ぷら屋さんでは大定番のネタ。大きいものは刺し身(こぶじめ)や塩焼きが絶品ですよ。

宮島(廿日市市)鷹の巣浦から広島市方面を望む

 
ページの先頭へ