イメージ写真

広島湾で獲れた魚介類を提供している飲食店等を紹介します。

当サイトの飲食店等の情報は、各お店から提出されたものです。内容については、各お店にお問い合せください。

  • 牡蠣料理
  • 黒鯛料理
  • 地魚料理
  • 50音検索

今が旬の魚介類!

マダイマダイ

皆さんご存知、魚の王様と言える魚です。産卵前の春先には、その色も美しく「桜鯛」とも呼ばれています。全国でもマダイの産地はたくさんありますが、広島湾で獲れる「マダイ」は、その美味しさで、他に引けを取りません。刺身、焼き物、煮物と料理の範囲も広く、頭や皮までも味わえる人気ものです。マダイは高たんぱく質で低脂肪、さらにアレルギー成分が少ないなど赤ちゃんから高齢者までに食べていただきたい食材です。また、今話題のDHAなどの不飽和脂肪酸を多く含んでおり、美容と健康食としてもおすすめ!

アサリアサリ

広島で小貝と呼ぶと「アサリ」のことです。春、水がぬるむとともに身が大きくなり、味も良くなります。広島湾では、潮干狩りできる場所も多く、子供からお年寄りまで楽しめ、広島の海上保安庁では潮干狩りカレンダーを出しているほどです。また、アサリは、たんぱく質、脂肪、エレルギー量は低いものの、血液中のコレステロールを下げたり、肝臓の働きを正常に保つ働きのあるタウリンやミネラル、ビタミンを多く含んでいます。味噌汁、酒蒸し、ぬたといった和食やグラタン、ボンゴレといった洋食やイタリアンなどで瀬戸の味を堪能してください。

メバルメバル

瀬戸の小魚の代名詞と言えるのがこの「メバル」です。釣り人にも人気が高く、メバルを年中追い求めている太公望がいるほど。年中漁獲されていますが、メバルは、「春告魚」とも呼ばれ、春が旬の魚です。春を彩る筍やふきと一緒に煮付けにすると絶品、食卓にも春が訪れます。メバルは、淡白でしまった白身をしており、栄養的には低脂肪で低エネルギーですが、ミネラルやカルシュウムがバランスよく含まれており、その美味しさとともに白身魚の代表魚として親しまれています。

宮島(廿日市市)鷹の巣浦から広島市方面を望む

 
ページの先頭へ